めだか養殖場スタッフが行う!めだかの餌やり編その二

生き餌

こんにちは、スッタッフMです。

今回は当養殖場での生き餌をご紹介します。

ゾウリムシ

生れて間もない針子に最適な大きさの生き餌になります。

そして何より、増やすのが簡単で増えるスピードも速いです。

餌はエビオス錠や米のとぎ汁などがありますが、

ここでは、豆乳を使用し増殖させています。

豆乳を使うとよく増える代わり、リセットしないで一週間もたつと

臭くなります!!

硫黄臭や嫌気性バクテリアが居そうなにおいがします。

アンモニアやら、硝酸塩なんかも発生してそうな為、

ワムシネットで濾しきれいな水で薄めてからあげています。

稚魚育成の要です。

ミジンコ

ゾウリムシや粉餌によって稚魚サイズまで成長すると、           ミジンコを投入しています。

大人のミジンコはまだ、稚魚の口には大きすぎて食べられませんが、ミジンコの子供、小さい個体なら食べられます。

稚魚の入っている容器に種ミジンコを投入そしてクロレラでグリーンウォーターにして、ミジンコの子供たちを増殖させます。

そうすれば大きなミジンコはいなくならない為、クロレラを定期的にいれるだけで、オートフィーダーの役割を果たしてくれます。

またクロレラは、針子や稚魚の補助食にもなるので一石二鳥です。

 成魚であれば大人のミジンコも食べられます。      

生き餌は動き回って生存している時間も長く、めだかが食べやすい為、飼育水をあまり汚さないというメリットもあり、オススメです。

是非自社HPも覗いていってください↓

また次回、ではではー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です