ウォータージャグでミジンコ培養

こんにちは!

めだかの箱庭新入社員のよっさんです(^▽^)/

現在、めだかの箱庭では栃木本店、スカイツリー前店で10月24日~31日までハロウィンセールを開催中です🎃!!

店内もハロウィン仕様に…!💛

土日にいらっしゃるのが難しい方は、平日ですとゆっくりとご覧いただけますのでぜひこのお得な機会にいらっしゃってくださいね(*^-^*)

スタッフも仮装をしてお客様をお出迎え致しますのでどうかびっくりなさらず。。。(笑)

ちなみに、仮装してご来店いただいたお客様には

ミジンコ1万匹、PSB、ゾウリムシたっぷり1Lの3点セットプレゼントさせていただきます!!

仮装は、お面でもハロウィンメイクなどちょっとしたもので大丈夫です!👌

ご来店いただいたお客様全員にお菓子のプレゼント🍪もご用意しておりますので、一緒に楽しんでいただけましたら幸いです🙇

万能なウォータージャグ

さて、本題に入ります!(”◇”)ゞ

以前のブログでも投稿した、DAISOのウォータージャグを使ったブラインシュリンプの培養ですが、もしかしてミジンコもいけるのでは!? となり、

今回ミジンコを培養してみました!!!✨

こちらもYouTubeに動画を投稿しておりますので手っ取り早くご覧になりたい方はこちらをチェックしてみてください!!👌

意外とこの動画が伸びており、DAISOのものを使って何かが培養できるって結構魅力的な気がします、、、!

ブログでは、この動画内でお伝え出来なかったことをお話していけたらと思っております。

まず、このウォータージャグは最初ビニールハウス内で始めて、最初のころは順調に増殖していたのですが、やはり秋口に差し掛かり朝晩の気温の寒暖差が激しい時期だったためか、ある日突然全滅してしまい、室内で仕切りなおすことになってしまいました...。(´;ω;`)

ミジンコは25℃前後が適温と言われているみたいなので、気温変化の比較的少ない室内に入れて仕切りなおしたところタマミジンコは順調に増殖してくれました!!

同時にオオミジンコも増やしていたのですが、こちらは今回あまり増殖してくれず...ビニールハウス内で増やしていた時はタマミジンコよりも増えてくれたので何か室内に移動したことによる原因があったのかもしれません。。。

また、今回ウォータージャグ内にかなり弱めでエアーストーンをいれてみました。

ミジンコは水流が強すぎるとよくないので、エアーチューブを縛ってすごくゆっくり酸素が出るように調節しました。(酸素がポコポコ出るくらいを目安に)

あとはある程度、ミジンコが増えてきたら間引いていく必要があるみたいです。

ウォータージャグで培養中、ミジンコがあまり増えなくなってきたらそれが増殖のピークのようなのでそこを狙ってジャグ内の水ごとリセットしてあげます。

(↑動画内でリセット方法も紹介しているのでよかったらご覧ください!)

同時にミジンコが増えてきたなと感じたら、メダカに3時のおやつ感覚で与えてあげると、ちょうどよい間引き具合になるのではないかと思います👌

ミジンコは人口飼料に比べて消化も良いそうなので、これからの時期はめだか達にミジンコを与えて冬に向けて太らせてあげるのもいいですね(*^-^*)

ウォータージャグでミジンコ培養するメリットは、場所を取らなかったり、ジャグのコックをひねるとミジンコがそのまま出てきて簡単にメダカに与えることができたり、コンパクトなのでリセットも楽だったり、結構沢山メリットがある優れモノなんじゃないかと思いました!!!

中には、このウォータージャグを使ってゾウリムシを培養されている方もいらっしゃるようで、活餌万能ジャグだな!!と私の心が盛り上がっております。

活餌と聞くと、少々管理が大変そうな感じもしますが、こういった簡単に手に入るものを使ってお気軽に培養にチャレンジされてみるのもいいかもしれません♪

これからも、100円均一の商品でめだか飼育に役立ちそうなものがあったら紹介していきたいと思います(*^-^*)

可愛い宝物

私の大切で大好きな同期、ウルトラデス太郎から

お土産に『きんぎょちょうちん』を頂きました!

きんぎょちょうちんは山口の民芸品の一つでもあるのでとても嬉しかったです(*^-^*)

以前ブログでも描いたのですが、実物はすみだ水族館で見ることができるので(今も展示されてるのかな...?)、ぜひ機会があったら足を運んでみてください!

とっても癒されますよ😊

それでは、今週もご覧いただきありがとうございました👋