10L容器アレンジ制作過程の紹介について

こんにちは。ウルトラデス太郎です。

本日はYouTubeにてアップされる動画内に登場する、「水を吐くライオン」の細かい制作過程をご紹介させていただきます。

写真が非常に多いため、通信状況の良い環境で閲覧頂けたらと思います!

金のライオン作成(形)

顔制作にあたり、使用した物はオーブン粘土と絵具、丸筆、耐水コート、爪楊枝、13径の塩ビ管です。

顔と口

たてがみ

たてがみと顔をくっつけていきます

くっつきました。

一週間日陰で乾燥させた後、オーブンで焼きを入れると色が変わりました。

それでは色を塗っていきます。

ギンギラ銀にさりげなく~

時間に追われていたため、自然乾燥させませんでした。

銀を塗った上から金を2回塗っていきます。

耐水ニスを塗っていきます。

コート剤を定着させるために仕上げ焼きをし、完成です!

完成しました!水を吐く様子は是非動画にてご確認お願い致します!