大阪目指して東海道行脚(猫飯さん訪問編)

こんにちは。ウルトラデス太郎です。

「めだかの箱庭」は12月11日に開催されました「第二回大阪めだか祭り」に参加させていただきました。その道中、著名めだかブリーダーこと「猫飯(ねこまんま)」さんの養殖場を訪問させていただいたので、今回はダイジェスト版にしてお送りいたします。

出発

めだかの箱庭栃木本店をAM5:00に出発致しました。

私は当日AM3:00に起床し、冷え・寝不足から車中で眠り続けてしまい浜松までの記憶がほとんど残っておりません。

道中、海老名PAでボスが海老名メロンパンをご馳走してくださり、また、1000円のガチャガチャを回してくださいました。

ガチャガチャからは謎の革製品1000円相当が当たりました。

浜松着

12時過ぎごろにねこまんまさんの養殖場に到着しました。

養殖場は、浜名湖パルパルの観覧車が望める場所に位置していました!

朝出発した時の栃木は0℃だもんで、浜松は日が照って汗ばむくらい暖かい気候でした。静岡に住んでいた時は、静岡がこれほど暖かい土地であることを知りませんでした。

身を置いている場所から離れて客観視すると、見えなかったものが認識できるようになりますね。

80Lの水が入る容器が所狭しと並んでおり、インスタグラムでしか拝見したことが無かったため光景に圧倒されました。

水換えは全て水道水だそうで、塩素による殺菌効果かアオミドロ等が少なかったです!

夏場は3日に1回、容器の3分の1にあたる量を何時間もかけて水換えなさっていたそうで、オーバーフロー加工された穴が確認できます。

アルファベットと数字からなる文字列は管理番号で、それだけ品種が数多くおりました。

手前が「銀さん」、奥が「バクザンさん」です!

阿吽の呼吸で広い養殖場の管理をしていらっしゃいました。規模の大きさに圧倒され続けた3時間でした。

改めまして、

猫まんまさん 取材させていただきましてありがとうございました!!