ゾウリムシの生き様

こんにちは!ウルトラデス太郎です。

本日2022年9月6日の20時より、

めだかの箱庭YouTubeチャンネルにて「ゾウリムシの培養方法について」の動画がアップされますので、

今回は生物としての「ゾウリムシ」の解説をさせて頂きます!

ゾウリムシとは?

「ゾウリムシ」について簡単に解説をしていきます。

ゾウリムシは「繊毛虫」という括りの生き物で、

皆さんも小学生の時に観察した、「ツリガネムシ」や「ラッパムシ」の仲間です。

この仲間は読んで字のごとく、体中にお毛々がたくさん生えている生き物です。

特にゾウリムシは、モップ付きスリッパのような姿をしている、と考えていただくと想像しやすいと思います。

しかし、和名をつけた人は草履のように見えたそうで、ゾウリムシという名前になったそうです。

ゾウリムシの「毛」の役割

ゾウリムシは水中の微生物を食べて増殖します。

ゾウリムシの体中に生えた無数の繊毛は、移動に使うだけでなく、ごはんを食べる事にも使われます。

具体的には、モップのような繊毛を動かし、餌となる微生物をベルトコンベアのように口まで運びます。

動画内に出てくる培養液は、水中の他の微生物の餌になります。

培養液を元に増えた微生物をゾウリムシが食べます。

解説は以上です。

閲覧頂きありがとうございました。